水素水を飲むと体にどういいのか

水素水は美容や健康志向の方に人気ですが、飲むと体にどういいのか、とうことはまだあまり知られていません。

一言で言ってしまうと水素水は「活性酸素を除去する」という効能があります。

活性酸素とは人間が酸素を吸ったときにできる副産物で、酸素の残りかすのようなものです。

活性酸素には2種類あり、善玉活性酸素と悪玉活性酸素があります。

善玉活性酸素は人間の免疫力を助けるものですが、悪玉活性酸素は体の中で酸化し、臓器や血管を錆び付かせ、病気や老化を引き起こします。

研究であらゆる病気や症状は活性酸素が原因と言われており、これを除去できれば病気の予防につながります。

水素は体の中に取り込むと悪玉活性酸素とのみ結びつき、無害な水に変化させ、体外に排出されます。

副作用もなく、安心して摂取できるので、様々な分野で活用方法が研究されています。